【競艇予想】津ボートレース場の特徴

津は原則的にインが強く高配当狙いだが、時折吹き付ける強い風が水面を荒らすことで、レース展開を狂わせることが・・・

津ボートレース場は三重県津市の施設で、開放的かつ広々としたボートレース場として評判です。
特徴としては、1マークのホーム側が全国2位の広さを誇り、発走ピットがホーム岸側を抜けるスタイルが挙げられます。
水質は淡水に分類されていますが、海が近いことから半海水と捉えられることもあります。

予想に役立つ基本情報には、原則的にインが強く高配当狙いができるものの、時折吹き付ける強い風が水面を荒らすことで、レース展開を狂わせることがあります。
近くにある伊勢湾は南北の地形で縦に長く、太平洋の南風が吹き抜けるのが特徴です。
夏は季節風に晒されますし、冬は冬で鈴鹿山から吹き下ろしがやってくるなど、年間を通して風が強いわけです。

東海エリアにおいては、水面が最も荒れるといわれている津競艇場

東海エリアにおいては、水面が最も荒れるといわれていますから、そういうレース展開を望む人におすすめできます。
津競艇場での予想は、岸側からスタートして枠番通りに並び、その後のレース展開を予測していくことになります。
スタートは向かい風か追い風でパターンが異なり、時に2艇身ほどの差が生じることもあります。
風の向きや天候によっても違ってきますし、スタートが得意な選手がいれば、番狂わせを引き起こしてもおかしくないです。
地元出身だったり津ボートレース場で乗り慣れている選手は、スタートを得意としている可能性が高いです。
津競艇場での予想はこのように、選手別の得手不得手も考慮した上で、予想を立てる必要があるでしょう。

その際に判断材料となるのは、水質を始めとした津ボートレース場の環境情報で、これが予測の基本データです。
風速は5mくらいになることが多く、常に向かい風や追い風が生じるような状況です。
5mを切ればあまり気にしなくても良いですが、通常は予想の考慮に入れることが前提となります。
風速と共に風向きも変化するので、完全に捉えるのは困難ですが、直前までデータを収集して活用する意味は大きいです。
一方では、モーターやボートの交換時期も目安の1つで、交換によってレース展開が変わることはザラにあります。
出力低減モータが導入された2015年以降も、それ以前とは選手の走りや着率に変化が生じています。

春は1コースが61%の着率で、2コースが2着、3コースが3着と順当ですが、3着は3コースと共に4コースも20%台前半と強いです。
むしろ、3着に限れば4コースが少し上回っているので、3着の予想は4コースが優位となります。

夏から冬に掛けて1コースは1着率が60%台を切る津競艇場

夏から冬に掛けて1コースは1着率が60%台を切ります。

しかし、夏を除き4コースの3着率は依然として高く、安定した成績を誇っているといえます。
2着も基本傾向はあまり変わりませんが、秋に限れば2コースと3コースが横並びになります。
3着率の差も非常に小さいですから、津ボートレース場で2~3コースの接戦を見たければ秋が狙い目です。
5コースは春以外に3着率が上がる傾向で、20%前後をキープしています。
6コースも同様に、風向きや潮目が変わるからか夏になると勝率が高まります。
1着だけなら津競艇場での予想は難しくありませんが、2~3着も加えるとなると難易度がアップします。

基本は2~3コースを選ぶのが順当ですが、どちらを選ぶかが問題になってきます。
というのも、4コースの3着率が高いので、2コースと3コースをそれぞれ2~3着で選ぶのは難しいからです。
季節ごとの着率は参考になりますが、これはあくまでも過去のデータに過ぎませんから、当日津ボートレース場で潮風をチェックする必要があるでしょう。
最終的な判断はその人次第ですが、直感を含めて上手く予想したいところです。
経験者であっても津競艇場での予想は難しいとされますから、全く未経験だと結果を予測するのは困難です。

ただ、競艇に共通する基本的な傾向を押さえておけば、ある程度は予測することができます。
1コースの着率が高いといっても、勝率は決して安定しないのが津ボートレース場です。
取り敢えず選んでおけば、1着になる可能性は高いので、ノーヒントの予測であれば無難な選択です。
対して、2コースは勝率が安定しており、津競艇場での予想の軸になり得ます。

評判の琵琶湖ボートレース場と比べても差はないので、改めて津ボートレース場の2コースは安定性が窺えます。
こういった具合に予測は難しいですが、それでも津ボートレース場が人気なのは、年に1回万舟券が出るのが理由です。
買い続けたり予想の精度を高める必要はあるものの、津競艇場での予想には夢があります。

広さ的にはスピード勝負が可能で、イン側に優位なレイアウトなど、割と展開が予測しやすいイメージです。
ところが、実際は風が強く向きが変わりやすいことから、水面の荒れが予測を難しくします。
季節の違いや風を読む経験など、様々な予測の技術が必要ですから、通好みのボートレース場だといえるでしょう。
無風なら1コース1着の確率が急上昇するので、難易度はグッと下がりますが、無風自体が10%程度とレアです。

よく当たる無料競艇予想競艇ロード!

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!