【エルの競艇ブログ】グランプリまであと4日!

年末のグランプリまであと4日となりました。
土日が明ければグランプリはもうすぐそこ!

公式サイトには田中圭さんの映っている画像に
夜に輝け、真の王者よ。
というキャッチコピーが書かれていました。
初のナイターグランプリ、楽しみですね!

さて、昨日は6位から10位までの選手のデータなどをみてみましたので
本日は11位からの選手の様々なデータを絡めながら見て行きたいと思います。

11位 馬場貴也選手

馬場 貴也(ばば よしや) 35歳 93期生 A型 滋賀支部
2019/12/13の時点で獲得賞金は83,818,932
2019年のSGとG1の優勝回数はありませんでした。

馬場選手の2019/1/1~の成績をまとめると
1枠 1着率 83.5% 2着率 8.2% 3着率 4.1% 3着以内 95.8%
2枠 1着率 32.0% 2着率 28.0% 3着率 14.0% 3着以内 74%
3枠 1着率 23.4% 2着率 21.2% 3着率 25.5% 3着以内 70.1%
4枠 1着率 20.4% 2着率 28.5% 3着率 14.2% 3着以内 63.1%
5枠 1着率 12.8% 2着率 15.3% 3着率 17.9% 3着以内 46%
5枠 1着率 8.8% 2着率 20.0% 3着率 8.8% 3着以内 37.6%
というデータになっています。

2019/1/1~の枠別の平均スタートタイムは
1枠からのスタート 0.139秒(73レース)
2枠からのスタート 0.149秒(50レース)
3枠からのスタート 0.136秒(47レース)
4枠からのスタート 0.166秒(49レース)
5枠からのスタート 0.175秒(39レース)
6枠からのスタート 0.178秒(45レース)
というデータになっています。

12位 徳増秀樹選手

徳増 秀樹(とくます ひでき) 45歳 75期生 A型 静岡支部
2019/12/13の時点で獲得賞金は76,337,000
2019年のSGとG1の優勝回数はありませんでした。

徳増選手の2019/1/1~の成績をまとめると
1枠 1着率 90.1% 2着率 8.1% 3着率 0.0% 3着以内 98.2%
2枠 1着率 28.8% 2着率 34.6% 3着率 13.4% 3着以内 76.8%
3枠 1着率 15.3% 2着率 38.4% 3着率 19.2% 3着以内 72.9%
4枠 1着率 32.6% 2着率 17.3% 3着率 13.0% 3着以内 62.9%
5枠 1着率 15.9% 2着率 27.2% 3着率 18.1% 3着以内 61.2%
5枠 1着率 20.0% 2着率 30.0% 3着率 2.5% 3着以内 52.5%
というデータになっています。

2019/1/1~の枠別の平均スタートタイムは
1枠からのスタート 0.127秒(61レース)
2枠からのスタート 0.120秒(52レース)
3枠からのスタート 0.133秒(52レース)
4枠からのスタート 0.115秒(46レース)
5枠からのスタート 0.115秒(44レース)
6枠からのスタート 0.132秒(40レース)
というデータになっています。

13位 太田和美選手

太田 和美(おおた かずみ) 46歳 69期生 A型 大阪支部
2019/12/13の時点で獲得賞金は73,951,000
2019年のSGで優勝したレースは0回。G1は1回。
11/5 芦屋 G1「読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設67周年記念」

G1「読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設67周年記念」の出走メンバーは

結果が1-2-4となっていました。

太田選手の2019/1/1~の成績をまとめると
1枠 1着率 60.3% 2着率 19.0% 3着率 4.7% 3着以内 84%
2枠 1着率 22.5% 2着率 32.5% 3着率 12.5% 3着以内 67.5%
3枠 1着率 34.1% 2着率 29.2% 3着率 4.8% 3着以内 68.1%
4枠 1着率 11.3% 2着率 22.7% 3着率 22.7% 3着以内 56.7%
5枠 1着率 5.1% 2着率 25.6% 3着率 5.1% 3着以内 35.8%
5枠 1着率 2.5% 2着率 15.3% 3着率 23.0% 3着以内 40.8%
というデータになっています。

2019/1/1~の枠別の平均スタートタイムは
1枠からのスタート 0.157秒(63レース)
2枠からのスタート 0.143秒(40レース)
3枠からのスタート 0.145秒(41レース)
4枠からのスタート 0.144秒(44レース)
5枠からのスタート 0.144秒(39レース)
6枠からのスタート 0.152秒(39レース)
というデータになっています。

14位 原田幸哉選手

原田 幸哉(はらだ ゆきや) 44歳 76期生 B型 長崎支部
2019/12/13の時点で獲得賞金は73,767,000
2019年のSGで優勝したレースはなく、G1で1回。
12/12 大村 G1「開設67周年記念 海の王者決定戦」

G1「開設67周年記念 海の王者決定戦」の優勝戦出走メンバーは

結果が1-6-2となっていました。

原田選手の2019/1/1~の成績をまとめると
1枠 1着率 83.8% 2着率 8.0% 3着率 3.2% 3着以内 95%
2枠 1着率 27.2% 2着率 29.5% 3着率 15.9% 3着以内 72.6%
3枠 1着率 25.0% 2着率 32.5% 3着率 10.0% 3着以内 67.5%
4枠 1着率 17.0% 2着率 17.0% 3着率 17.0% 3着以内 51%
5枠 1着率 10.5% 2着率 21.0% 3着率 23.6% 3着以内 55.1%
5枠 1着率 15.3% 2着率 17.9% 3着率 23.0% 3着以内 56.2%
というデータになっています。

2019/1/1~の枠別の平均スタートタイムは
1枠からのスタート 0.109秒(62レース)
2枠からのスタート 0.118秒(44レース)
3枠からのスタート 0.113秒(40レース)
4枠からのスタート 0.118秒(47レース)
5枠からのスタート 0.119秒(38レース)
6枠からのスタート 0.111秒(39レース)
というデータになっています。

15位 菊地孝平選手

菊地 孝平(きくち こうへい) 41歳 82期生 AB型 静岡支部
2019/12/13の時点で獲得賞金は70,907,000
2019年のSGで優勝したレースはなく、G1で1回。
2/21 浜名湖 G1「G1第64回東海地区選手権」

G1「G1第64回東海地区選手権」の優勝戦出走メンバーは

結果が1-4-2となっていました。

菊地選手の2019/1/1~の成績をまとめると
1枠 1着率 72.7% 2着率 16.3% 3着率 5.4% 3着以内 94.4%
2枠 1着率 10.5% 2着率 39.4% 3着率 23.6% 3着以内 73.5%
3枠 1着率 21.4% 2着率 16.6% 3着率 19.0% 3着以内 57%
4枠 1着率 20.0% 2着率 10.0% 3着率 25.0% 3着以内 55%
5枠 1着率 12.8% 2着率 12.8% 3着率 17.9% 3着以内 43.5%
5枠 1着率 10.5% 2着率 7.8% 3着率 15.7% 3着以内 34%
というデータになっています。

2019/1/1~の枠別の平均スタートタイムは
1枠からのスタート 0.104秒(55レース)
2枠からのスタート 0.108秒(38レース)
3枠からのスタート 0.105秒(42レース)
4枠からのスタート 0.109秒(40レース)
5枠からのスタート 0.109秒(39レース)
6枠からのスタート 0.121秒(38レース)
というデータになっています。

 

1/1から集めた様々なデータを並べてみましたが、それぞれの選手の得意なことや特徴が見えてきますね。

賞金ランキング14位の原田選手は昨日の大村で行われた
G1「開設67周年記念 海の王者決定戦」で優勝しましたね。

1号艇 「原田幸哉」選手
枠別平均スタートタイム0.109秒 モーターランク6位 チルト-0.5
2号艇 「石野貴之」選手
枠別平均スタートタイム0.150秒 モーターランク8位 チルト0.0
3号艇 「徳増秀樹」選手
枠別平均スタートタイム0.133秒 モーターランク38位 チルト-0.5
4号艇 「山口剛」選手
枠別平均スタートタイム0.129秒 モーターランク15位 チルト-0.5
5号艇 「島村隆幸」選手
枠別平均スタートタイム0.144秒 モーターランク2位 チルト-0.5
6号艇 「桑原悠」選手
枠別平均スタートタイム0.141秒 モーターランク47位 チルト0.5

展示タイムでは2号艇の石野選手が一番早く6.67となっていました。
チルトの角度が様々で面白いレースでしたね。

進入は枠なりで、3対3
スロー1,2,3 ダッシュ4,5,6でスタートしました。
スタートの時点で3号艇の「徳増秀樹」選手が少し凹みました。
1号艇の「原田幸哉」選手が最初に1周1マークをターン。
3号艇がスタートで凹んだので4号艇の「山口剛」選手が絞り
1周1マークで絞ってきた4号艇に抵抗するように2号艇の「石野貴之」選手がターンをし、4号艇が弾かれました。
その開いた隙間から6号艇の「桑原悠」選手が捲り差してきて、
1-6-2で決まりました。
払い戻し金額は、¥7,150で21番人気となっていました。

1号艇の原田選手と、6号艇の桑原選手は慣れ親しんだ地元での戦いでした。
見事地元メンバーが1位と2位になったので、素晴らしいレースでしたね!
6号艇の桑原選手はモーターランクが最下位だったのにも関わらず、2位にきたのはすごいですよね。
少し開いた隙間からよく来たなと。よーく周りを見ながら、冷静に走っているんだなーと思い感動しました!

記事内の確率や平均スタートタイムなどはエルが独自に集計して得た数値となっているので、公式の数値と若干異なっています。

以上エルの競艇ブログでした♪