【エルの競艇ブログ】ボートレース界最高峰のレース!!ついに開催!!

2019/12/17 SG 第34回グランプリ/グランプリS 開催1日目

いよいよ、第34回SGグランプリ初日開幕しました。

2019年を締めくくる、競艇ファンには最高のSG戦!!

また、史上初のナイターグランプリ!!

今年もさまざまな賞金バトルが展開されるでしょう。

「令和」最初の賞金王、つまり1億円を目指し、SG最強のバトルがトップレーサ達により繰り広げられます。

ボートレース界最高峰のレースがはじまります!!!

この日のために、お金を貯めていたという人も多いと聞きます。

 

まずは、シリーズ戦1Rを見ていきましょう。

1R 予選

・1号艇 「永井 彪也」選手 A1
今年G1ヤングダービーで初優勝をしています。
シリーズ戦初出場

枠番別勝率
1着率 73.1%
2着率 13.4%
3着率 0.0%
モーター
No.36
ランク 33位
全検タイム 35位
枠別平均ST
0.139

・2号艇 「石渡 鉄兵」選手 A1
今回10回目のシリーズ戦出場

枠番別勝率
1着率 24.4%
2着率 24.4%
3着率 20.0%
モーター
No.65
ランク 47位
全検タイム 49位
枠別平均ST
0.137

・3号艇 「片岡 雅裕」選手 A1
3年連続のシリーズ戦出場

枠番別勝率
1着率 23.2%
2着率 30.2%
3着率 18.6%
モーター
No.23
ランク 39位
全検タイム 41位
枠別平均ST
0.156

・4号艇 「興津 藍」選手 A1 F1
今回2度目のシリーズ戦出場

枠番別勝率
1着率 17.7%
2着率 22.2%
3着率 26.6%
モーター
No.81
ランク 20位
全検タイム 22位
枠別平均ST
0.160

・5号艇 「磯部 誠」選手 A1
今回2度目のシリーズ戦出場

枠番別勝率
1着率 6.8%
2着率 27.5%
3着率 4.1%
モーター
No.69
ランク 32位
全検タイム 34位
枠別平均ST
0.132

・6号艇 「大山 千広」選手 A1
今年、レディースチャンピョンでG1初優勝

枠番別勝率
1着率 16.6%
2着率 16.6%
3着率 13.8%
モーター
No.16
ランク 35位
全検タイム 37位
枠別平均ST
0.113

展示同様に、枠なり進入で、スタートしました。

スタートは、
1号艇 0.09
2号艇 0.15
3号艇 0.14
4号艇 0.13
5号艇 0.17
6号艇 0.10

第1ターンマークで、2号艇の間を5号艇、4号艇が差しで入ってきました。
バックストレッチで5号艇が2号艇をけん制しながら、少し外に膨らんでいる間に
このメンバーではモータのいい4号艇が伸び返してきました。

第2ターンマークで、1号艇が回り、次に4号艇が先に、5号艇は少し落とし、2号艇が外を回りました。
ここで2号艇は少し外に流れており、5号艇がわずかに先にでました。
2周1マークで145隊形ができあがりました。

[結果]
1-4-5(9番人気)

[払戻金]
3連単 1-4-5 ¥1,760
3連複 1=4=5 ¥1,190
2連単 1-4 ¥460
2連複 1=4 ¥370
拡連複 1=4 ¥160
拡連複 1=5 ¥290
拡連複 4=5 ¥610
単勝 1 ¥120
複勝 1 ¥100
複勝 4 ¥330

このあと、シリーズ戦は、すべてのレースイン逃げという
ある意味住之江らしいレースが繰り広げられました。

いよいよ、
11Rからは、グランプリのトライアル1が始まります。

出走メンバーは、

住之江11R トライアル1

・1号艇 「井口 佳典」選手 A1
23回目の覇者、9回目2回連続優出

枠番別勝率
1着率 76.4%
2着率 9.8%
3着率 3.9%
モーター
No. 55
ランク 15位
前検 5位
枠別平均ST
0.151

・2号艇 「馬場 貴也」選手 A1
昨年初出場で、1stステージ1着

枠番別勝率
1着率 32.0%
2着率 28.0%
3着率 14.0%
モーター
No. 64
ランク 16位
前検 15位
枠別平均ST
0.149

・3号艇 「徳増 秀樹」選手 A1
意外にもグランプリ初出場

枠番別勝率
1着率 15.3%
2着率 38.4%
3着率 19.2%
モーター
No. 63
ランク 11位
前検 12位
枠別平均ST
0.133

・4号艇 「菊地 孝平」選手 A1
3年連続優出

枠番別勝率
1着率 20.0%
2着率 10.0%
3着率 25.0%
モーター
No. 13
ランク 10位
前検 12位
枠別平均ST
0.109

・5号艇 「今垣 光太郎」選手 A1
4年ぶり14回目のグランプリ出場

枠番別勝率
1着率 14.6%
2着率 7.3%
3着率 21.9%
モーター
No. 74
ランク 7位
前検 16位
枠別平均ST
0.177

・6号艇 「平本 真之」選手 A1
3年ぶり、2回目のグランプリ

枠番別勝率
1着率 12.5%
2着率 17.5%
3着率 10.0%
モーター
No. 75
ランク 18位
前検 10位
枠別平均ST
0.143

オッズは、134が1番人気で10.9倍となっていました。
このレースも枠なり進入で123/456
11レース連続イン逃げになるかどうかというレースでしたが、
1,2号艇が平均タイム通り、少し遅れてしまいました。
よって、3号艇のスタートが少しいいというスタートとなりました。

スタートを見てみると
1号艇 0.12
2号艇 0.13
3号艇 0.04
4号艇 0.02
5号艇 0.04
6号艇 0.08
これは明らかにインは不利な展開!!

第1ターンマーク、出遅れた1号艇は、いつもよりは少し早めにターンに入りました。
よって、膨らんでしまいます。。。

2、3号艇が1号艇の内を回り、ともに少し膨らみました。

間を4号艇、そして5号艇がまくり差して、さらに最内、4号艇の内を6号艇が差すという展開になりました。

バックストレッチは、45が先頭争いを行い、4号艇は5号艇を抑えながら膨らみつつ進んでいました。

その隙に、内を走っていた6号艇が伸びてきました。

これは!!!と思っていた瞬間

第2ターンマーク、まず6号艇が先に回りました。
4号艇をガードしながらの旋回となり、このまま6号艇が先頭に立ちました。

熱い展開です!!

2周1マークを過ぎたところで、61の隊形が固まり
2周2マークを回ったところで、4号艇が膨らみその隙に5号艇が差してきました。
しかし、ここでまた波乱!!

2号艇と接触があり、5号艇が落水してしまいました。

これで、614ができあがりました。

これは、大万舟です。

[結果]
6-1-4(85番人気)

[払戻金]
3連単 6-1-4 ¥57,100
3連複 1=4=6 ¥1,220
2連単 6-1 ¥11,520
2連複 1=6 ¥1,330
拡連複 1=6 ¥400
拡連複 4=6 ¥620
拡連複 1=4 ¥180
単勝 6 ¥2,700
複勝 6 ¥280
複勝 1 ¥110

先ほどの11Rで、ずっとイン逃げだった流れが変わったのでしょうか?
それとも12Rは、また固く決まるのか!
12R出走メンバーです。

住之江12R トライアル1

・1号艇 「柳沢 一」A1
賞金ランキング第7位
今年、グランドチャンピョンでSG初優勝
グランプリ初出場

枠番別勝率
1着率 78.6%
2着率 11.4%
3着率 4.9%
モーター
No. 33
ランク 14位
前検タイム 5位
枠別平均ST
0.124

・2号艇 「白井 英治」選手 A1
昨年グランプリ、ファイナル出場で3着

枠番別勝率
1着率 37.8%
2着率 37.8%
3着率 10.8%
モーター
No. 86
ランク 13位
前検タイム 12位
枠別平均ST
0.154

・3号艇 「田村 隆信」選手 A1
5年ぶりのグランプリ出場

枠番別勝率
1着率 21.9%
2着率 21.9%
3着率 24.3%
モーター
No. 19
ランク 9位
前検タイム 11位
枠別平均ST
0.156

・4号艇 「太田 和美」選手 A1
地元選手、2年連続、11回目のグランプリ出場
第13回大会の覇者!!

枠番別勝率
1着率 11.3%
2着率 22.7%
3着率 22.7%
モーター
No. 11
ランク 17位
前検タイム 8位
枠別平均ST
0.144

・5号艇 「池田 浩二」選手 A1
2年連続11回目のグランプリ出場
グランプリ過去2回制しています。

枠番別勝率
1着率 29.6%
2着率 11.1%
3着率 14.8%
モーター
No. 39
ランク 8位
前検タイム 17位
枠別平均ST
0.131

・6号艇 「茅原 悠紀」選手 A1
4度目のグランプリ出場で第29回大会の覇者!!

枠番別勝率
1着率 7.1%
2着率 11.9%
3着率 28.5%
モーター
No. 66
ランク 12位
前検タイム 18位
枠別平均ST
0.160

この日、最終のレースとなるこのレースも
枠なり進入123/456となりました。

スタートは、
1号艇 0.09
2号艇 0.07
3号艇 0.12
4号艇 0.09
5号艇 0.11
6号艇 0.12

若干、3号艇が出遅れたか?というスタートでした。

上記に記載していますが、
白井選手の2枠は、レーサー全体の中でも2枠からの勝率はトップクラス

1号艇の柳沢選手にとっては、かなりの圧があったと思います。
ターンで少し力が入りすぎたのか、角度がつきすぎたのか、第1ターンマークで転覆!!!

その間に2号艇、3号艇が内から抜けていきました。

2号艇の白井選手は、ターンマークに接触したように見えました
少し、失速したのか
3号艇の田村選手が先に抜けましたが、外からも5号艇がでてきました。

残念ながら、ここで
4号艇の太田選手は、転覆艇に乗りあがってしまい、引き続き6号艇も同様に、乗り上げてしまいました、、
多重事故に。。。

1周2マークを過ぎたところで
352隊形が出来上がり、転覆艇がいるのでここで決まりました。

1号艇は、妨害失格
4号艇、5号艇は失格となってしまい。

[結果]
3-5-2(20番人気)

[払戻金]
3連単 3-5-2 ¥25,390
3連複 2=3=5 ¥2,090
2連単 3-5 ¥7,710
2連複 3=5 ¥3,750
拡連複 3=5 ¥510
拡連複 2=3 ¥310
拡連複 2=5 ¥240
単勝 3 ¥1,040
複勝 3 ¥270
複勝 5 ¥510

トライアル1STは、初日から大波乱のレースが2レース連続となりました。

この日の住之江は、イン逃げが続き
静けさがありましたがやはり、ボートレース

「なにが起きるかわからない」ですね。
きっと、イン逃げ想定で1号艇の柳沢選手や2枠からの差しが得意の
2号艇の白井選手から買っている人もかなりいたのではないでしょうか。

これもやはり、賞金王決定という
大きなものがあって、みんな真剣勝負だからこその結果だと思います。

また、
転覆した選手が最後、救助艇で運ばれる際に
深くお詫びをしていた姿に感動しました。

初日から熱いバトルが観れてテンションは上がりました。

引き続き、グランプリを観ていきたいと思います。

上記に書かれている平均スタートタイムなどは、エルが独自に集計して得た数値となっているので、公式の数字とは若干違っています。

以上、エルの競艇ブログでした♪