【エルの競艇ブログ】モーニングで○万舟券!!

2019/12/09 芦屋1R
一般戦 BTS金峰オープン15周年記念近況絶好調軍団 開催4日目

久々にモーニング戦をやってみました。
レースを振り返っていきたいと思います。

モーニング戦といえば、一枠がうまい選手で当てやすいなどという話もあるようですが、
結構荒れていること多いですよね。

以前、徳山のモーニング戦では、 4日連続万舟券が出たことがありました。

2019年11月14日〜2019年11月20日開催
徳山、一般戦「オラレ徳山開設11周年記念九州スポーツ杯争奪戦」

[1日目]
4-1-6
¥18,090

[2日目]
5-1-2
¥14,900

[3日目]
2-3-4
¥28,800

[4日目]
5-2-1
¥53,790

という結果になっていました。

ちょうどこの時、エルは徳山に注目していたので記憶にあります。
こんなに連続でこのような結果になることもあるんですね。
この印象が強いのか、モーニングといえば荒れるというイメージが勝手にありました。

そんなイメージを持ちながら
2019年12月09日の芦屋モーニングに臨んでみました。

なぜこのレースにしたかというと
決め手は、
F」、「モーター」、「スタートタイミング」、「展示タイム」の4点がキーポイントになります。

1号艇 A2「塩田北斗」選手
モーターランク:8番目
モーター前検タイムランク:14位
今節成績:1着1回、2着3回、4着1回
今節ST:.17 .11 .13 .11 .18
展示タイム:6.75

2号艇 B1「宇土泰就」選手
モーターランク:36番目
モーター前検タイムランク:31番目
今節成績:2着1回、3着1回、4着1回、5着2回
今節ST:.26 .25 .15 .09 .17
展示タイム:6.74

3号艇 B1「中村守成」選手
モーターランク:34番目
モーター前検タイムランク:40番目
今節成績:1着1回、2着1回、3着1回、4着1回、6着1回
今節ST:.09 .32 .15 .14 .17
展示タイム:6.87

4号艇 B1「亀山高雅」選手
モーターランク:40番目
モーター前検タイムランク:40番目
今節成績:F1回、5着1回、6着1回
今節ST:.01 .29 .35
初日にFを切っているため「賞典除外」となってます。

展示タイム:6.80

5号艇 B1「角浜修」選手
モーターランク:13番目
モーター前検タイムランク:11番目
今節成績:1着1回、3着1回、4着1回、5着2回
今節ST:.17 .08 .15 .10 .15
展示タイム:6.75

6号艇 B1「木村恒一」選手
モーターランク:21番目
モーター前検タイムランク:39番目
今節ST:3着1回、4着2回、6着2回
今節ST:.07 .19 .14 .18 .21
展示タイム:6.82

以上が、出走メンバーになります。

いつも通り、1枠には
かなりインが得意な塩田選手です。

[ポイント]
この番組表を見たときに
一番目に付くのは、何と言っても4号艇の亀山選手の「F」、
そして、Fを取ってからのスタートタイミングではないだろうか。
これは誰もが気づくポイントであると思いますが、

ポイント1
「4号艇がFで、スタートが遅れ気味である」

次に、4号艇が遅れ気味でるのであればその外の艇はどうなのか見ていきましょう。

5号艇の「角」選手のモーターは、
このメンバーの中では、2番目のモーターランクです。

ポイント2
「モーターが中堅以上のモーターランクである」

また、今節のスタートタイミングはというと、「.17 .08 .15 .10 .15」
.15以下が3回と非常にタイミングが取れているということがわかりました。

ポイント3
「5号艇がスタートタイミングが合っている」

ポイント4
「展示タイムが一番速い」

[予想買い目]
この4点のポイントからエルの買い目は

5号艇の角選手を軸にすると決めました。

2パターンを想定しました。

イン逃げの場合、
1-5-346
1-346-5

そうでなく、4号艇が前日までと同じようにスタートタイミングが遅れ、5号艇のスタートが合えば、、、
ということで、

5-246-246

5号艇が行けば6号艇が付いてくる。

ここで、なぜ1号艇の塩田選手を切っているのかというと
1枠から、だれかに捲られそうになった場合、間違いなく
応戦して膨らむと思ったため、切りとしました。

2019年には、約2回しかありませんが
塩田選手が1号艇(1枠)から3着以内にこなかったときのレースを事前に予習しておりました。

このときも応戦して膨らんでいたデータを事前に見てましたので、
1枠から85%以上の1着率の1号艇をあえて、外してみました。

5号艇の捲りに1号艇が応戦すれば、
2号艇は、来れるだろう。ということで2号艇も含めています。

4号艇を入れているのは、オッズが高くなるからというだけの理由だったかなと思います。

本来は、捲った内の艇が2着というのはあまりない気がします。
そういう意味では、5-26-26だけでよかったのかもしれません。

結果は、なんと!!

想定通り!!

5号艇のスタートが良く、スタート後
捲りにいきました。
次に1号艇が、これも想定通りの応戦をして膨らみました。

5号艇はギリギリ交わして
捲りきりました!!!

3連単 5-2-6 ¥91,130
3連複 2=5=6 ¥75,570
2連単 5-2 ¥11,660
2連複 2=5 ¥7,110

購入時点のオッズ

この時点では、824.4倍でしたが、それから少し上がったみたいです。

エルなりには、こんなに付くのか!と思い喜びました。

これがボートレースの3連単の威力ですね。

たまに、穴目は2連単で控えようかなと考えますが、
どでかいのこそ2連単ではなく、3連単の方が良いと思わされました。

記事内の確率はエルが独自に集計して得た数値となるので、公式の数値とは若干違っています。

以上、エルの競艇ブログでした。