【エルの競艇ブログ】本日は芦屋で優勝戦でした!

11/26、本日は芦屋で

マスターズリーグ第8戦西部ボートレース記者クラブ杯

の優勝戦でしたね。

芦屋のモーニング戦、芦屋は「モーニングレースの発祥地」だそうです。
ご存知でしたか?エルはこの記事を書くために色々調べている中で知りました。
各会場ごとにいろんなドラマがあって、競艇って本当に面白い!
今後は会場ごとの情報も掲載していきたいと思います!

さて、今日も予想と検証をしていきたいと思います。

11/25 芦屋1R [G3]マスターズリーグ第8戦西部ボートレース記者クラブ杯 5日目

1号艇「藤丸光一」選手のイン戦!
1枠からの過去成績としては、10走中6レースが1着であり
スタートタイムに関しては

今節の成績[8走中]
0.1台3回
0.2台4回
0.4台1回

と非常に遅いスタートとなっています。
また、1枠からの逃げ率は決して高くないですが、
三連率は独自集計のデータで91.6%、1枠からの平均スタートタイムは1.83となっています。

続いて

2号艇「池田雷太」選手
今節6走中、2着が3回となっており、
スタートに関しては、

今節の成績[6走中]
0.0台1回
0.1台1回
0.2台3回
0.3台1回

とスタートも決まっていないようです。

3号艇「金子猛志」選手
このメンバーの中では2番目にいいモーターですが、今節の1着はまだありません。
ただし、独自集計の3枠からの平均スタートタイムは、「0.146」と公式サイトでは「0.19」となっていますが、この選手のスタートは、速めだと予想できます。

次に注目したい選手は
5号艇の「山崎毅」選手で今節のモーターはモーターランク1位の29号機!
「エースモータ」です。

4号艇の「高橋二朗」選手はなんと32期生で1949年生まれの70歳!
現役ボートレーサーの中で2番目に年長の選手です。
インタビュー映像を見ましたが、プロフィール写真とは印象が違い過ぎて驚きました。
白髪のロン毛で、低音ボイスがセクシーなダンディーな選手。
同世代の70代の人たちに見せてあげたい!こんなかっこいい70歳見たことない。
70歳って足元おぼつかなくて、ボケ始めてる人もいるのに、なんということでしょう…っていう感じ。
デビュー戦は1971年平和島だったそうです。
70歳で現役で活躍できるなんてすごすぎる。
年を取っても引退することなく活躍できるボートレースは素晴らしい競技だなと思います。

今節の成績[6走中]
1着1回
3着1回
6着4回

このレースでは着に絡むことはないかなーと思います。

6号艇の「長谷川親王」選手
今節の成績[6走中]
舟券に絡んだのは3着が1回のみで残りは

4着2回
5着1回
6着2回

このレースのオッズは、

125で5.6倍
123で6.6倍

となっており、コンピューター予想は

このようになっています。

このレースでのポイントは
1、2号艇と3号艇のスタートタイムの差が非常に高い
3号艇のモーターに関しても1、2号艇より上回っている
ダッシュ勢に際立ってスタートがよい選手がいない(5号艇のエースモーターは気になるケド…)
左からの風が風速4Mとなっているので、第1ターンマークの時に1号艇は最内にいるので、もっとも風の影響を受け、ターンしづらくなるのではないかと考えられます。
その分ダッシュ勢はスピードに乗っているので、1号艇ほど風の抵抗を受けることがないのでは?と思われます。

以上の考えるとエルの予想は・・・
13-135-135 (自信度A!

 

レース展開・・・

2号艇、3号艇が少しいいスタートを切り

1周1マーク

3号艇は1号艇と2号艇の間をまくり差し、
1号艇が流れ、
2号艇は1号艇と3号艇の引き波で失速してしまい間をついて5号艇が三番手につけました。

その後は2周2マークで高モーターの5号艇が1号艇を差し返し2着を取り切りました。

結果は
三連単 3-5-1 (227.6倍)

なんと、二連単3-5でも100倍がついていました。

このレースに関しても
選手の平均スタートタイミング、今節のスタートタイミング、モーターの評価を詳しく見ることで
予想が当たったのではないかなと自分なりには考えております。

モーニングでこのくらいの配当が取れると
ほぼ勝ち確の日を迎えられますので、おいしいですよね。
その日1日幸せな気分で過ごせる、なんて素敵なレースなんでしょう。

レース中、「3号艇金子猛志選手、三年ぶりの芦屋で久々の勝利となりました。」と実況の女性が言ってました。
レースを見ている時はさらっと聞き流してしまいましたが、
この記事を書くためにレース映像を見返した時に、耳に残ったので書いてみましたが、
結局どっちなんだろう?どっちもなのかな?
どちらにしても、金子選手、おめでとうございました!

上記に書いた確率や進入のタイムなどは、エルが自身で統計をとって得た数字となっているので、公式の数字とは若干違っています。

引き続きレースの予想と検証を行っていきたいと思います!以上エルの競艇ブログでした♪