【エルの競艇ブログ】若松夜王S第4戦BOATBoyカップ個性派王決定戦

若松夜王S第4戦BOATBoyカップ個性派王決定戦

2019/11/30
2日目を締めくくるレース若松12R
若松夜王S第4戦BOATBoyカップ個性派王決定戦

個性派王決定戦ということで、ボートレース界を代表する
アウトレーサーとインファイターの戦いです。

リスクを背負いながらも、一つでも内のインコースを取るため前付けする選手を「イン屋」
その逆で、あえて外のコースを好む選手を「アウト屋」とい言いますが、
つまり、今回のレースは、「アウト屋 VS イン屋」

エル個人的には、このレースは、非常に興味があるレースです。

というのも、特に今回出走するレーサーの中で、
西島選手がいるレースは、高配当になるレースがかなり多い印象があるからです!!
(このレースの出場選手全員のデータを調べたわけではないのであくまでも印象ですが。。)

この西島選手は、SG3連覇の偉業を成し遂げた一流の選手で、
このレースでは、5号艇とのこと。

2019年の西島選手の進入を調べてみましたが
5枠からきちんと5枠進入だったのは約40レース中たった2回くらいです。

ということで、このレースのメンバーを見ていきましょう。

まずは、アウト屋と言われるのが1枠から3枠の選手
①号艇
福岡支部「小川晃司」選手 (62期)
今年、1コースからの出走はもちろん、ありません。
まわり足を重視している選手です。
約200レース中6コース以外の出走は、5コースからが1回ありました。
(この他に12月2日若松11Rで5コースから出走してます。)
今節、初日6コースから2着

②号艇
東京支部「阿波勝哉」選手(79期)
今年、2コースからの出走はもちろん、ありません。
約200レース中6コース以外の出走は、5コースからが6回ありました。
一部情報には、アウト屋の先駆者の小川晃司選手にたいしては6コースを譲ると公言しているようです。
今節、6コースから2着、3着


③号艇
三重支部「澤大介」選手(79期)
今年、3コースからの出走はもちろん、ありません。
約180レース中6枠以外の出走は、5コースから4回、4コースから1回、3コースから1回ありました。
今節、6コースから4着、2着

ここからがイン屋と言われる選手

④号艇(81期)
岡山支部「村上純」選手
今年、約230レース中4コースから13回、5コースから8回、6コースから出走はありませんでした。
今節、1コースから1着2着、2コースから4着

⑤号艇(49期)
広島支部「西島義則」選手
今年、約300レース中4コースから3回、5コースから2回、6コースから3回出走がありました。
今節、1コースから2着4着、2コースから3着

⑥号艇(43期)
愛知支部「鈴木幸夫」選手
今年、約200レース中3コースから6回ですが、他はすべて1コース、2コースでの進入しかありませんでした。
今節、1コースから2着3着

[進入隊形]
上記の6人になりますが、
まずは、進入隊形が気になりましたが、
展示では、456 / 321 の隊形になりました。

[平均ST、展示タイム]
次に
この隊形での枠別平均スタートを見ます。
(*枠別とは、出走艇番号であり、進入コースではありません。)

④0.168、6.93
⑤0.147、6.92
⑥0.152、7.05
③0.146、6.84
②0.152、6.85
①0.130、6.94

[チルト]
③号艇のみ1.0 
他0.5

この時の確定オッズですが、
少し割れている状態でした。

1枠からだと人気は123で91.7倍
2枠からだと人気は231で45倍
3枠からだと人気は324で35倍
4枠からだと人気は456で19.5倍
5枠からだと人気は546で32.9倍
6枠からだと人数は645で87倍

となっておりました。
4 > 5からの人気って感じです。

ということで、エルの予想
45-456-9
45-3-456

①の小川選手のスタートの良さも気になりましたが
今回も買い目は多くなりましたが、平均スタートを見る限り
⑤に西島選手が少し早めということで
④が逃げ切れなかった場合は、西島選手の差しが決まるのではないかと考えました。
普通のレースの12-123-9みたいな感じです。特になんのひねりもないです。

あとは、前検タイムのよかった③澤選手のモータが気になり2着固定であとは④⑤⑥という変則買い

さあ、本番

本番スタートは、
1コースの④が0.11
次に早いのが6コースの①0,12

スタートライン辺りから4コースの③が展示タイムも出てましたが
伸び返し、まくりにいきました。
このとき1コースの④が流れてしまい、2コースの⑤が差し切りました。

その後は、2周1マーク過ぎたところで
5-3-26
という順でした。

そして、2周2マークで③が⑥の差しによる引き波をくらい失速
ここで、5-6-2ができあがりました。

結果は万舟でした。

3連単 5-6-2 ¥12,570
2連単 5-6 ¥2,940

この記事を書いていても、少しややこしい感じがしたので
予想するときには、皆さんも脳内がややこしくなったのではないでしょうか。

通常とは違って、進入がわからない分
予想も難易度があがり、どんな風に荒れるのかなど考えて期待しちゃいますよね。

ただ、エルとしては、
選手の駆け引きやリスクを背負っての各々の進入スタイルを見ることができ
非常に楽しいレースでした。

以上、エルの競艇ブログでした。