ボートレース【競艇】の選手をご紹介!桑原悠選手、平本真之選手

桑原 悠選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
長崎支部 4497 102期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.80 48.50% 67.64% 136回 6回

桑原悠選手は長崎県出身の競艇選手で、生年月日は1987年5月27日です。やまと競艇学校在籍時には、リーグ戦で準優出7回、優出7回、第1戦・第5戦優勝と勝率6.65の好成績を打ち立てるなど将来を非常に有望視された選手で、2008年5月の大村競艇場でデビューを果たします。初勝利は2009年2月に若松競艇場で開催された「BOATBoyCUP」で、最終日の8レースに6コースから捲り差しを決めて見事初勝利を飾り、続く9月に丸亀競艇場で開催された「09新鋭リーグ戦競走」の第13戦では初優出し、優勝戦では5着に入るなど着実に実力を培ってきました。

2011年10月に蒲郡競艇場で開催された「日本財団会長杯争奪戦」では5コースからの捲り差しを決めて初優勝を飾ると、2012年の「共同通信社杯・第26回新鋭王座決定戦」でG1初出場し、2013年4月の「開設61周年記念・海の王者決定戦」3日目の7レースではトップスタートのまま逃げ切りG1初勝利を手にしました。

2016年にはG1初優出、2018年の10月には通算500勝を達成し、デビューから11年を要したものの2019年2月の「第65回九州地区選手権競走」では念願のG1初優勝に輝き、続く3月に戸田競艇場で開催された「第54回ボートレースクラシック」初日の1レースでSG初出走し、6レースでは6コースから捲り差しを決めてSG初勝利を飾りました。桑原悠選手の特徴はスタートの早さで、平均0.15と競艇選手のなかでも早い部類に入ります。まだG1で優勝したばかりですが、常に優勝争いに絡む実力を持っているため、競艇界の注目の選手となっています。

平本 真之選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
愛知支部 4337 96期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.54 58.50% 70.37% 135回 9回

平本真之選手は愛知県大府市出身の競艇選手で、生年月日は1984年5月5日です。やまと競艇学校に3度目の受験で合格し、準優出5、優出5、第4戦優勝とリーグ戦での勝率7.3の成績を残し、卒業記念競走でも優出を獲得します。2005年5月に蒲郡競艇場でデビューすると翌日の1レースで初勝利に輝き、わずか2年半という短期間でA1に昇格を果たします。2008年2月に、常滑競艇場で開催された「第56回マーメイドグランプリ」の5日目4レースにてG1初勝利を収め、2010年8月蒲郡競艇場で開催された「第56回モーターボート記念競走」でSG初出走すると同日の8レースでSG初勝利を果たしました。

念願のSG初優勝は、2014年12月に平和島競艇場で開催された「第29回賞金王シリーズ」で、翌2015年3月に常滑競艇場で開催された「G1開設61周年記念競走・トコタンキング決定戦」において待望の地元周年を獲得するなど、経歴は未だ浅いながらも着実に実績を残しています。平本真之選手の特徴は基本的に枠なりの進入コースで、強引にインコースを取りにいったり前づけをほぼ行わないことがあります。どのコースでスタートしても1着になる実力を持っていますが、特に2枠での1着率は35パーセント、2連対率65パーセントと圧倒的な強さを持っており、捲りよりも差しを得意とする傾向にあります。2019年も一般競争で何度も優勝しているなど、今後の活躍が期待される選手のひとりです。

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!