ボートレース【競艇】の選手をご紹介!徳増  秀樹選手,茅原 悠紀選手,毒島 誠選手

徳増 秀樹選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
静岡支部 3744 75期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.54 60.40% 73.61% 144回 7回

徳増 秀樹選手は、1974年11月29日生まれです。静岡県出身の競艇選手で、登録番号は3744です。身長は166センチで血液型はA型、第75期にあたり静岡支部に所属しています。徳増 秀樹の侵入コースは基本的に枠なり侵入ですが、6号艇の時だけはアウトコースを避ける傾向があります。そのためか、6コースのときには3連対率も低くなっているのが特徴です。

1994年11月に浜名湖競艇場でデビューを果たした徳増選手は、翌1995年の2月に浜名湖競艇場で初勝利をあげます。1997年8月17日には津競艇場での納涼しぶき杯で初優勝を飾りました。2003年の11月25日にびわこ競艇場での第6回競艇王チャレンジカップ競争にてSG初出場を果たします。2006年には最多勝選手に選ばれる栄誉に輝きました。2009年5月23日には桐生競艇場での第16回桐生タイムス杯最終日に通算1000勝を達成した優秀な選手です。

2009年7月26日、若松競艇場で第14回オーシャンカップ競争にSG初優出で3着に入ります。2010年の3月31日には浜名湖競艇場での静岡県知事杯争奪戦G1浜名湖賞開設56周年記念で、G1初優勝をしました。8月には蒲郡競艇場で第56回モーターボート記念競走準優勝戦でスタート事故を起こしてしまいます。罰則によって出場が決まっていた直後の全日本選手権競争が取り消され、G1初優勝で得た2011年の総理大臣杯競走は出場不能となりました。結局総理大臣杯競争が開催中止になり、代替の東日本復興支援競争も斡旋されずに悔しいシーズンとなります。

2015年2月28日にボートレース徳山ですなっちウィンターカップの最終日に第12レース優勝戦を勝ち、史上13人目となる全24場制覇を達成したのも印象的です。

徳増秀樹選手の優勝歴

G1の優勝歴

  • 開設56周年記念 静岡県知事杯争奪戦 浜名湖賞(2010年3月31日・浜名湖競艇場)
  • 開設61周年記念 尼崎センプルカップ(2013年6月4日・尼崎競艇場)
  • 第63回東海地区選手権競走(2018年2月15日・常滑競艇場)

G2の優勝歴

  • モーターボート大賞(2016年7月11日・下関競艇場)
  • モーターボート大賞(2018年6月17日・宮島競艇場)

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

茅原 悠紀選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
岡山支部 4418 99期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.07 47.40% 66.94% 118回 6回

茅原 悠紀選手は1987年7月11日生まれで、岡山県出身の競艇選手です。登録番号4418、身長が171センチで体重は56キログラムあります。第99期で、岡山支部の所属です。豪快なモンキーターンが持ち味で、2014年の全日本選手権優勝戦では2着に入り、優勝した選手をターンごとに脅かして最後まで苦しめ、肉薄しました。狂気にも似た凄まじい走り方から、岡山支部内では宇宙人と称されることもあります。

茅原 悠紀選手は競艇学校時代にリーグ戦の勝率が7.03でした。2006年の11月11日に児島競艇場でデビューし2着に入ります。14日の4日目第一レースで初勝利を収めました。初優勝は、2009年12月17日の児島競艇場での第16回日本財団会長杯です。

2010年には鳴門競艇場で、大阪発刊55周年記念サンケイスポーツ杯競走とG3新鋭リーグ第19戦中道善博杯に優勝します。それ以降も順調に勝ち星を重ね、2018年5月18日には平和島競艇場での周年記念競争、トーキョー・ベイ・カップ優勝戦に一号艇で出場しましたがフライングしてしまいました。これにより出場辞退期間後半年間にわたって、G1、G2レースに出場できなくなったのが痛手です。

復帰後は一般戦で立て続けに勝ち、大きく賞金ランクをアップさせることに成功しました。2015年の5月17日に津競艇場で開設63周年記念・つつじ賞王座決定戦で二つ目のG1を獲得します。2016年3月31日には江戸川競艇場で江戸川634杯・G2MB大賞にて初のG2を獲得しています。2017年4月16日には北海道コンサドーレ札幌のパートナーアスリートに就任しているのも特徴的です。

茅原悠紀選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第29回 グランプリ/グランプリS – 決定戦(2014年12月23日・平和島競艇場)

G1の優勝歴

  • 共同通信社杯 第27回 新鋭王座決定戦(2012年9月30日・徳山競艇場)
  • つつじ賞王座決定戦 開設63周年記念(2015年5月17日・津競艇場)
  • 読売新聞社杯 全日本覇者決定戦 開設64周年記念(2016年11月8日・若松競艇場)
  • 第60回 中国地区選手権競走(2017年2月14日・徳山競艇場)

G2の優勝歴

  • 江戸川634杯 モーターボート大賞(2016年3月31日・江戸川競艇場)

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!

毒島 誠選手とは

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
群馬支部 4238 92期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.78 57.40% 65.35% 127回 7回

毒島 誠選手は1984年1月8日生まれです。群馬県桐生市出身の競艇選手で、登録番号は4238・身長は163センチ体重51キロとなっています。血液型はB型の92期群馬支部所属です。通算優勝回数は50回を誇る実力者としても名を馳せています。毒島 誠の代名詞はスーパーピット離れで、インコース奪取や全国でもトップクラスの端スピードによる全速ツケマイが魅力です。

やまと競艇学校時代のリーグ戦勝率は5.83の成績です。2003年5月9日に桐生競艇場でのデビュー戦は3着でした。2003年7月20日、多摩川競艇場での一般競争初日第一レースで初勝利をあげました。その後2006年の9月27日には、鳴門競艇場で第18回なると市長杯競争で初優勝します。

2010年には浜名湖競艇場でG1第24回新鋭王座決定戦でG1初優勝、SG第37回笹川賞に初出場します。7月14日に丸亀競艇場のSG第15回オーシャンカップ初日の第3レースであげたのが、SG初勝利です。2013年9月1日にSG第59回MB記念でSG初勝利を挙げました。

2017年11月26日には下関競艇場でSG第20回チャレンジカップを制し、2018年7月16日には若松競艇でSG第23回オーシャンカップと2勝目3勝目を挙げました。2018年8月27日丸亀競艇場のSG第64回ボートレースメモリアルで挙げた勝利がSG4勝目でした。

毒島誠選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第59回 モーターボート記念(2013年9月1日・丸亀競艇場)
  • 第20回 チャレンジカップ(2017年11月26日・下関競艇場)
  • 第23回 オーシャンカップ(2018年7月16日・若松競艇場)
  • 第64回 ボートレースメモリアル(2018年8月28日・丸亀競艇場)

G1の優勝歴

  • 第24回 新鋭王座決定戦競走(2010年1月24日・浜名湖競艇場)
  • 開設62周年記念 尼崎センプルカップ(2014年6月19日・尼崎競艇場)
  • 開設63周年記念 京極賞(2015年5月21日・丸亀競艇場)
  • 開設59周年記念 赤城雷神杯(2015年9月20日・桐生競艇場)
  • 開設62周年記念 大渦大賞(2015年10月4日・宮島競艇場)
  • 徳山クラウン争奪戦 開設63周年記念(2016年10月14日・徳山競艇場)
  • トーキョー・ベイ・カップ 開設64周年記念(2018年7月25日・平和島競艇場)

G2の優勝歴

  • モーターボート大賞(2012年12月10日・唐津競艇場)

プロの予想師が好成績を収めている競艇予想サイト!月会費完全無料!そして1部レースの無料予想もあるので検証して実力を確かめてください!